髪の悩みに役立つ薬

外見の悩みでも男性の悩みで特に多いものに髪の悩みがあげられます。
女性も髪の悩みを持つ人が増えていますが、男性のようにはっきりと症状が出ることは少なく、全体にボリュームダウンするなどが多い症状です。
それに対し、男性の場合は頭頂部や生え際がはっきりと薄くなってしまうので、進行してくると髪形だけでカバーするのは難しくなってしまいます。
市販の育毛剤やシャンプーでもある程度は進行を抑えるのに役立ってくれますが、それだけですっかり改善させるのは難しいと言えるでしょう。
個人差はありますが、男性型脱毛症は年齢とともに少しずつ進行していき、中には薄毛が進行してしまう場合もあります。
こうした症状は20代や30代前半など若い世代でも起こってきますので、抜け毛の多さやボリュームダウンが気になったら、早めに対策しておきたいですね。
食事の改善、頭皮マッサージ、亜鉛などのサプリメントの摂取など髪の改善に役立つケアは様々ありますが、よりはっきりとした効果を出したい、悩みを本気で改善したいという場合は、やはりAGA治療ということとなります。
最近はこうした治療も多くの医療機関で行われており、皮膚科や美容外科、メンズクリニック、さらに育毛専門のクリニックなどで治療が行われますので、治療を検討しているという方は相談してみてはいかがでしょうか。
治療方法は薬を利用した治療、HARG療法、育毛メソセラピー、植毛手術などがあげられますが、初期脱毛によく選ばれているのが薬を利用した治療で、金額的にも続けやすくなっています。
そして代表的な薬が飲むタイプの育毛剤プロペシア、そして、頭皮に直接つけるミノキシジルでどちらもあわせて使われることも少なくありません。
すぐに効果が得られるのではありませんので、根気よく治療を続けていくこととなります。
一般的には効果が出るまでは数ヶ月は必要とされていますので、初期の頃にあまり効果が実感できない場合も焦って結果を出さず治療を続けていくことが大切です。
さらに効果が出てからも効果を維持するために治療を続けていきましょう。
薬の購入方法は医療機関で行われることが多くなっていますが、そのほかには個人輸入も注目されています。
プロペシアのジェネリックはまだ日本で販売されておらず、保険適用もされないので、治療費が負担になる場合もありますが、海外ではすでにプロペシアのジェネリックも販売され、低価格で提供されています。
フィンペシアも人気の薬で、プロペシアと同じ成分で作られており、同じ効果を期待できます。
有効成分はフィナステリドで、もともとは前立腺肥大症などの治療に使われていた薬です。
フィンペシアは少し前までは、着色料のキリンイエローの体への影響を気にして他の薬を選ぶ方もありましたが、最近はフィンペシアもキリンイエローフリーのタイプも登場しています。
成分が気になる方は購入前には商品の特徴をよく確認しておきましょう。
購入の場合は輸入代行業者を利用すると始めて個人輸入する方も簡単に購入手続きができます。