フィンペシア等の薬を個人輸入する時の注意

男性が薄毛に悩む原因は一つのことが原因だけではなく、色々な要因が合わさって薄毛になっていることが多いです。
しかし薄毛の一番の原因として挙げられるのは、ホルモンバランスの乱れから来ることが多いのです。
男性ホルモンの一つにテストステロンというホルモンがあります。
テストステロンは性欲や筋肉骨格の発達を促す掘るオンですが、ここに5αリダクターゼ酵素が結びつくと、テストステロンが強力なホルモンとなり、ジヒドリテストステロンとなるのです。

このジヒドロテストステロンは薄毛の原因を作る物質のひとつなのです。
ジヒドロテストステロンは毛乳頭の受容体と結合して、一気に毛周期を短縮させてしまうのです、そのため本来の毛周期よりも早く抜けてしまうので、毛が生えてくるよりも抜けるスピードの方が早くなり薄毛になってしまうのです。
薄毛になってしまう原因の一つに遺伝があります。
家族、特に父親や祖父などが薄毛の家計であれば、自分も薄毛になってしまう可能性があるので注意が必要です。

遺伝と言っても薄毛が遺伝するのではなくて薄毛になりやすい体質が遺伝するのです。
またストレスや食事、飲酒や睡眠不足などによっても薄毛を進行させてしまいます。
AGA治療は薄毛専門の病院で治療を行うことが可能です。

ただし自由診療によるので、治療にかかる費用は全額実費で基本的に保険は適用できないことが多いです。
国内での男性型薄毛治療にはプロペシアと言う薬が使われています。
プロペシアは7560円程度かかりますし、病院によっては、この金額よりももっと高額な値段を請求されることもあります。
プロペシアは経口治療薬として処方されますが、プロペシアと同等の薬にフィンペシアがあります。
フィンペシアはプロペシアと同じ成分の薬なのですが、日本での発売に認可されていない薬な為国内で病院で処方されることはありません。
しかし同じ成分で、同じ効果が期待できる治療薬のフィンペシアなのですから、安くで購入できたら治療にかかる費用が少しでも軽減出来ると思います。
幸いにもフィンペシアは個人輸入をすることが可能で、海外のメーカーや会社がフィンペシアの薬を扱っているところは非常に多いです。
この薬を個人輸入代行業者などから購入した場合2000円前後で購入することが可能です。

同じ効果のプロペシアよりも半額以下の値段で購入することが出来るのです。
そのため同じ成分の薬なら個人で輸入したほうが良いかもしれません。
しかし個人輸入代行業者などを利用する時には類似品など似たような商品があるので注意が必要です。
偽物の薬や粗悪品混入の危険性もないとも言い切れません。
そのため薬を購入するのであれば信頼できる輸入代行業者から定期的に安定した量を購入することで、粗悪品をつかむことなく、個人でも病院と同じだけの効果が期待できる薬を手に入れることが出来るので、治療も継続して続けることが出来ます。