フィンペシアで発毛に励んでいます

私は昔から童顔で実際の年齢より若く見られることが多く、それをひとつの自慢にしていました。
しかし、そんな私も近年は髪の毛がすっかり減ってしまい、顔は童顔なのに頭は老けているような、とてもアンバランスな見た目になってしまいました。
帽子を被っている時は若く見えるのですが、帽子を脱ぐと一気に老けて見えてしまうのです。
そんな見た目の変化に悩まされた私は、現在フィンペシアという医薬品を服用することによって少しずつ失われた髪の毛を取り戻しています。
この医薬品に出会えたのは、私にとってとてもラッキーなことでした。
薄毛の悩みがピークに達していた昨年、私は独自に薄毛のメカニズムなどを研究し、どうやら自分はAGAというタイプの薄毛らしいということを突き止めていました。
また、AGA治療薬であるプロペシアの存在も突き止めていたのですが、その治療薬の値段がとても高額であるのを知って、私はAGAの症状を改善することができずにいたのです。
そんなある日のこと、私が仕事である個人宅にお邪魔していると、その家に荷物が配達されました。
その荷物を受け取ったその家の奥さんが、主人の治療薬が届いたと独り言のように言われたので私は思わず、ご主人は何処かお悪いんですかと聞いてしまいました。
私の質問に奥様はちょっと笑ってから、体は悪くないんだけど髪の毛の方がちょっとね、なんて言います。
更に奥様は、到着した荷物の中身を見せてくれました。
奥様が段ボールから取り出した小さな白い箱にはピンクの文字でfinpeciaと欠かれています。
これが、私とフィンペシアとの出会いとなったのです。
その日、仕事を終えて帰宅した私は、昼間にお客様の家で見た白い箱に書かれた文字を思い出してインターネットで検索しました。
すると、フィンペシアが私が購入を躊躇していたプロペシアのジェネリック版であることがわかったのでした。
私はある個人輸入代行業者のホームページで、このジェネリックの存在を確認したのですが、そのホームページに記載された情報によるとプロペシアとこのジェネリックの性能はほぼ同じと見て間違いないようです。
それでいて、フィンペシアは100錠が一箱に納められて約4,800円で販売されており、プロペシアと比較してとてもリーズナブルに購入できるようでした。
プロペシアは28錠入り一箱で8千円ほどしますから、ジェネリックとの価格には大きな開きがあります。
私は早速、個人輸入代行業者を通じてジェネリック版AGA治療薬を購入することに決めました。
私の家に治療薬が届いたのは、現在から数えてちょうど6ヶ月前のことです。
その日以来、私はコツコツと治療薬を飲み続けています。
効果の程はというと、飲み続けて3ヶ月が経つころには脱け毛が減っているのを実感できましたし、さらについ先日には少しずつ髪が生えて来ているのを発見しました。
現在も私は、フィンペシアを追加注文して薄毛改善に励んでいます。
このジェネリックに出会えて本当に良かったです。