薄毛の対策はお早めに

日本の成人男性の人口は、約4,000人です。
そのうち、1,260万人、つまり3~4人に1人の方が、髪の薄さを自覚していると言われています。
男性型脱毛症、最近ではAGAと呼ばれる症状です。
1,260万人もの方が自覚をしていますが、何らかのケアを行ったことがある方は、その半分にも満たないという数字が出ています。
つまり、半分以上の方は、髪が薄くなったと気にしながらも、放置しているのです。
これはとても良くないことだと思われます。
なぜなら、AGAには進行性があるからです。
放っておけば、どんどん薄毛は進んでしまうでしょう。
そしてそう遠くない将来、薄毛ではなく、禿げになってしまうかも知れないのです。
そうならないためには、早急に対策を採らなくてはなりません。
薄毛の対策として、まず思いつくのは育毛剤などの外用タイプでのケアだと思います。
育毛剤ももちろん良いのですが、毛穴の汚れが取り切れていなかったり、血行が良くなくて栄養が届けられなかったりすることもあり、なかなか効果を実感するには至らないことも多いのです。
では、身体の中から発毛を促そうと服用タイプの育毛剤の研究が進み、毛母細胞の増殖を抑制する男性ホルモンを作り出す酵素の働きを阻害することで、発毛効果をもたらすという成分が発見されました。
フィナステリドというその成分の効果は大変高いもので、日本国内での臨床試験でも、1日1mgを摂取した人の98%に、抜け毛が減るなどの効果が現れたとされています。
さらに、日本皮膚科学会でも、フィナステリドはAGAの第一選択薬とするべきと推奨されているのです。
このフィナステリドを有効成分として生まれたのがプロペシアという医薬品で、そのプロペシアのジェネリック品として開発されたのが、フィンペシアです。
1日1錠で充分な効果を発揮し、尚且つジェネリック品ですので大変リーズナブルな値段に抑えられています。
AGAの治療は根気良く続けることが大切ですので、安価なのは継続するために重要なポイントです。
フィンペシアは、インド最大の都市として栄えているムンバイで製造されています。
そのムンバイに拠点を構えるシプラ社は、数多くのジェネリック医薬品を製造している世界的に有名な大手の製薬会社のひとつです。
シプラ社が製造している薬は、フィンペシアをはじめとするAGA治療薬だけではなく、心臓疾患や糖尿病の薬や、抗エイズ薬も手がけており、世界中に輸出されています。
貧しい国の人々にとっては、安価で買えるジェネリック医薬品は、大変ありがたいものでしょう。
世界各国に製薬施設を持ち、それぞれ許認可機関と認められていますので、信頼度の高い製薬会社と言えます。
フィンペシアは、個人輸入にて手に入れることができます。
代行業者を利用すれば、通常の通販のような気軽さで注文することができるでしょう。
ただし、偽物を掴まされないようにするために、なるべく大手の代行業者で、正規品のみを扱っているところを選んでください。