フィンペシアの効果まとめ集

私が感じたフィンペシアの効果や仲間の経験談をまとめています。副作用や通販についても言及しています。

Latest Posts

薄毛の治療に使われるフィンペシア

薄毛に悩む男性は非常に多いと思います。
薄毛の治療薬として主流な薬にフィナステリドを主成分とした薬を処方する治療方法があります。
フィナステリドはシプラ社製品の製薬製品です。
一方で、フィナステリドと同じ成分、効き目を持つ薬にフィンペシアと言うものがあります。

フィンペシアは、フィナステリドのジェネリック薬品と呼ばれる医薬品です。
フィンペシアはフィナステリドを主成分とした薬でプロペシアと同じように男性型脱毛症の治療薬として高い効果を発揮しているのです。
男性用治療薬としての効果としては、抜け毛の予防、発毛、育毛などの効果があり、またそれらの効果が期待できます。
一般の薬として発売されている新薬は新薬開発にかかる費用が膨大になることもあり、発売されると薬代がかなり高くなることがあります。
しかしフィナステリドはすでに出来上がっている薬を元にして作られていることもあることから、薬自体の値段はそれほど高くはありません。
一般的に、薄毛に悩む人の治療方法は病気や怪我など、生死を分ける病気ではないため自由診療になります。

そのため、費用は実費になることも多く通常の病気の治療よりも高額になることがあります。
はじめの治療は病院に行き、症状なども診断してもらい、適切な症状や治療方法の方向性を決めていきます。
ただし、先ほども述べましたように薄毛治療(いわゆるAGA治療)については自由診療になりますので、治療にかかる費用は一ヶ月の治療費を見ても数万円から数千円と大きく差が出てきてしまうのです。
自由診療になるので、保険もきかず実費となれば、少ない治療費で済むのに越したことはないですよね。

薄毛に悩む症状や進行状況は人によって違いがあります。
そのために、はじめの治療方法の確立については、病院にいき方向性や投薬の量などをしっかりと決める必要がありますが、その後の治療については、薬を個人で輸入代行業者のサイトから購入してしまうことも可能です。

病院で処方してもらうと、どうしても諸手当などの経費の関係上、薬の代金以外にも上乗せされた金額を請求されることが多いですが、それを個人で輸入してしまえば中間コストを省くことが出来るので病院で処方をしてもらうよりも安くで手に入れることが出来ます。
また男性型薄毛治療方法については接骨院や骨接ぎのように誰かにマッサージをしてもらったり、どこかを押してもらうような治療などはないので、薬の仕入先さえあれば、その後の治療は個人でも継続して行うことが出来るのです。

自由診療は病院側が治療費や投薬費用については自由に金額を設定できるため、場所によっては、とても高い治療費を請求されることもあります。
症状によっては治療が1年以上にわたることもある可能性があるので、個人で賢く薬を入手できた方が結果的に長く、安定して治療を続けることが出来るのです。
そのため輸入で仕入れることが出来る代行業者のサイトを上手に利用するのも一つの方法です。

薄毛治療薬にはフィンペシア

充分若くても、女性はこぞってアンチエイジングと称し、少しでも若くいようと努力を重ねています。
ダイエットやスキンケア、化粧品や頭皮ケアに至るまで、年齢より若く見える人は多いですよね。
日々の努力を続けていると、結果はきちんと出てくるものなのです。
しかし男性はどうでしょう。
男性は、女性に比べて若さを保とうと努力している人はほんの一握りかもしれません。
女性は、肌や手に年齢が出るとされていますが、男性の見た目で一番気になるのは髪の毛ではないでしょうか。
女性のように化粧をする必要が無い分、ダイレクトに分かってしまう髪の毛のボリュームは、自分ではどうすることも出来ないと考えてはいませんか。
30代を過ぎると、薄毛が気になっている人の数もぐんと増えます。
バラエティショップやドラッグストアなどで育毛剤や育毛シャンプーはよく見かけます。
薄毛が気になり始めると、真っ先に購入する人も多いですよね。
しかし、しばらく使ってみたけど気休め程度にしかならない、といった声も良く聞きます。
女性の肌トラブルなどであれば、気持ちが明るくなるとホルモンの分泌が活発になり、どんどん綺麗になるということもありますが、明るくなったからといって髪の毛の量が増えるなんて聞いたことがありません。
その薄毛の原因には様々ありますが、もしAGAと呼ばれる男性型脱毛症ならば、治療薬で改善する場合があることを知っていますか。
遺伝など日常生活では防ぎようがない原因だとすれば、進行が進む前にきちんと手を打っておく必要があります。
テレビコマーシャルで、薄毛に悩んだらお医者さんへというものを見たことがある人もいるでしょう。
これはきちんとした治療が出来るということなのです。
飲む育毛剤といわれる治療薬を服用することによって、男性型脱毛症の原因である男性ホルモンのバランスを整え、育毛を促進します。
男性型脱毛症の治療薬として代表的なものがプロペシアという治療薬ですが、同じ成分で同じ効き目のジェネリック医薬品がフィンペシアです。
プロペシアは日本の病院から処方してもらうことが出来る薬ですが、フィンペシアは日本では未承認の治療薬です。
そのため、ジェネリック医薬品を購入することが出来ません。
しかし、薬の個人輸入業者を利用すれば、低価格で購入することが出来るのです。
日本では未承認の薬と言っても、海外では臨床検査をきちんと行い、問題なく流通しているものですから、安全なものには変わりはありません。
薄毛を治療してくれる病院が近くになかったり、少しでも安く薬を購入したい、また病院に行くことが恥ずかしいと思っている人にもオススメです。
自宅にいながらにして薄毛の治療薬を購入することが出来るので、とても気軽に始めることが出来ます。
薄毛が改善され髪の毛のボリュームがアップすると、男性はそれだけで若々しく見えるものです。
悩んでいる時間も薄毛は進行してしまいます。
早めに対策をとって、悩みから解放されましょう。

フィンペシアとはジェネリック薬品のこと

フィンペシアと言うお薬があります。
このお薬はいわゆるジェネリック薬と呼ばれる医薬品のことを言います。
ジェネリック薬品とは、通常の薬と同様の効果があり、名前だけが違う価格が安めの薬のことを言うのです。
またジェネリック薬品のほうが、通常の医薬品よりも薬の単価が安いこともあり、薬代を安くしたい人などが、ジェネリック薬品を指定して購入することもあります。
フィンペシアは、フィナステリドを主成分とした薬で、シプラ社製品の薬です。
一方フィナステリドはアメリカのメルク社が開発した薬です。

現在は既に世界60カ国以上の国で承認されて使われている薬です。
今は男性型脱毛症用薬の開発で使われており、日本でも2003年厚生労働省に承認要請をして、2005年からは脱毛症の薬として発売が認められている薬なのです。
ジェネリック薬品の特徴はどんなものでしょうか。
ジェネリック薬品とは後発医薬品のことです。
通常は新薬と呼ばれる先発医薬品が発売されますが、その新薬の特許が切れた後に発売されます。
新薬と同じ有効成分で同じ効き目があり、さらに新薬よりも安い薬のことを言うのです。

当然特許が切れていますから、同じ成分の薬を安くで発売しても問題ありません。
新薬の開発には10-20年ほどかかり、また開発費用には億単位の膨大な金額が必要になります。
そのため、新薬の発売は高くなることがあります。

新薬は新しく薬を開発することもあり臨床実験や生体実験など十年以上もの年月をかけて開発するので費用もコストもかかってしまいます。
しかしジェネリック薬品は、新薬の成分を元にして開発をするので、安全性などがすべて確立されており、3年ほどでの開発が可能になるのです。
そのため新薬開発よりも短い期間で発売まで持っていくことが出来るので全体のコストを安くすることが出来ます。

ジェネリック薬品はそうした意味でも消費者に安く最小限のコストで提供出来ることもあり、価格を抑えて提供することが出来るのです。
フィンペシアもまたジェネリック薬品です。
この薬の効果は年齢とともに薄毛に悩む男性向けに効果がある薬です。
先ほども述べましたが、この薬はフィナステリドのジェネリックです。
そのためフィナステリドと同じ成分や効果が期待出来ます。
フィナステリドは、進行している抜け毛や予防、発毛、育毛効果が期待できる薬です。

脱毛症で悩む男性は非常に多くいます。
特に若くにして薄毛に悩む人はどうにかして進行を抑えたいと思うものでしょう。
特に脱毛症の薬の服用は風邪薬のように1週間の短期間で終了するのではなくて、半年や1年と長期のわたることの方が多いので、医薬品代にかかるコストは出来るだけ抑えたいものです。
そういう人にとっても高額な費用がかかる新薬よりも同じ成分で、同じ効果が期待できるのであれば、後発薬品のジェネリックの方が長期間にわたっての治療を継続しやすいというメリットがあるのです。

薄毛の対策はお早めに

日本の成人男性の人口は、約4,000人です。
そのうち、1,260万人、つまり3~4人に1人の方が、髪の薄さを自覚していると言われています。
男性型脱毛症、最近ではAGAと呼ばれる症状です。
1,260万人もの方が自覚をしていますが、何らかのケアを行ったことがある方は、その半分にも満たないという数字が出ています。
つまり、半分以上の方は、髪が薄くなったと気にしながらも、放置しているのです。
これはとても良くないことだと思われます。
なぜなら、AGAには進行性があるからです。
放っておけば、どんどん薄毛は進んでしまうでしょう。
そしてそう遠くない将来、薄毛ではなく、禿げになってしまうかも知れないのです。
そうならないためには、早急に対策を採らなくてはなりません。
薄毛の対策として、まず思いつくのは育毛剤などの外用タイプでのケアだと思います。
育毛剤ももちろん良いのですが、毛穴の汚れが取り切れていなかったり、血行が良くなくて栄養が届けられなかったりすることもあり、なかなか効果を実感するには至らないことも多いのです。
では、身体の中から発毛を促そうと服用タイプの育毛剤の研究が進み、毛母細胞の増殖を抑制する男性ホルモンを作り出す酵素の働きを阻害することで、発毛効果をもたらすという成分が発見されました。
フィナステリドというその成分の効果は大変高いもので、日本国内での臨床試験でも、1日1mgを摂取した人の98%に、抜け毛が減るなどの効果が現れたとされています。
さらに、日本皮膚科学会でも、フィナステリドはAGAの第一選択薬とするべきと推奨されているのです。
このフィナステリドを有効成分として生まれたのがプロペシアという医薬品で、そのプロペシアのジェネリック品として開発されたのが、フィンペシアです。
1日1錠で充分な効果を発揮し、尚且つジェネリック品ですので大変リーズナブルな値段に抑えられています。
AGAの治療は根気良く続けることが大切ですので、安価なのは継続するために重要なポイントです。
フィンペシアは、インド最大の都市として栄えているムンバイで製造されています。
そのムンバイに拠点を構えるシプラ社は、数多くのジェネリック医薬品を製造している世界的に有名な大手の製薬会社のひとつです。
シプラ社が製造している薬は、フィンペシアをはじめとするAGA治療薬だけではなく、心臓疾患や糖尿病の薬や、抗エイズ薬も手がけており、世界中に輸出されています。
貧しい国の人々にとっては、安価で買えるジェネリック医薬品は、大変ありがたいものでしょう。
世界各国に製薬施設を持ち、それぞれ許認可機関と認められていますので、信頼度の高い製薬会社と言えます。
フィンペシアは、個人輸入にて手に入れることができます。
代行業者を利用すれば、通常の通販のような気軽さで注文することができるでしょう。
ただし、偽物を掴まされないようにするために、なるべく大手の代行業者で、正規品のみを扱っているところを選んでください。

夫の薄毛を改善したジェネリック医薬品

長年連れ添った夫婦は似てくるといいますが、私と夫も自他ともに認める似たもの夫婦です。
私たち夫婦は食べ物の好みもほとんど一緒ですし、最近では風邪をひくタイミングまで似て来ています。
そんな私達夫婦は、一年半ほど前に同時に薄毛が気になるようになり始めました。
ある日、薄毛が気になり出した私は、最近髪が薄くなって来た気がすると夫に言ったのですが、それと同時に主人も最近俺の髪、薄くなったよな、と私に言ったのです。
私たちは顔を見合わせて笑ってしまいました。

そんなことがあって薄毛の改善に取り組み出した私たち夫婦ですが、現在はお互いに個人輸入代行業者で入手した商品のおかげで、薄毛を改善することに成功しています。
といっても、男と女では薄毛の原因も違いますし、有効となる薄毛改善方法も違って来ます。
私は女性用育毛剤で薄毛を改善したのですが、主人はAGA治療薬として有名なプロペシアのジェネリック版である、フィンペシアという医薬品を購入して薄毛を改善したようです。
主人が薄毛改善に役立てたフィンペシアは、インドのシプラ社という製薬会社が製造と販売を行っているものです。

シプラ社はインド有数の大企業で、ジェネリック医薬品の分野では世界トップクラスの実力を持っています。
そんな大企業が製造するAGA治療薬なら、きっと俺の薄毛も改善できるはずだと言って、主人はこのジェネリック版ED治療薬を使用し始めたのでした。
私と主人が調べたところ、AGAというのは男性ホルモンが影響して髪が薄くなる症状のことのようで、男性特有の薄毛のようです。
AGA治療薬は、フィナステリドという主成分によって、その薄毛の原因となる男性ホルモンが作り出されるのを阻止し、結果的に薄毛を改善する薬なのだということが、インターネットの情報によってわかりました。
ただ、こうした仕組みをもつフィンペシアは、女性が使うことはできないそうです。
とくに妊娠中の女性は、この医薬品に触れてもいけないらしいと夫は言っていました。
さて、夫の薄毛はAGA治療薬のおかげで少しずつ解消しているようでした。

服用し始めてから半年後には、うぶ毛しか生えていなかったところに太い毛が生え始め、それから更に数ヶ月経つと、遠目に見てもわかるほどに髪が増えていたのです。
一方、私も夫が見つけてくれた、低濃度のミノキシジルを配合した女性用育毛剤で、少しずつ薄毛を改善できていました。
この育毛剤も個人輸入代行業者で購入したものです。
私たちは、夫婦そろって競い合うように薄毛の改善に励みました。

そして、お互いに薄毛改善に取り組み出して約一年が経過したころ、私たち夫婦は元通りの髪を取り戻すことができていたのです。
私と夫はお互いの頭を見合って、若返ったねなんて言って笑いあいました。
後でわかったことですが、AGA治療薬をクリニックで処方してもらうには、1ヶ月に8千円ほどの費用がかかるそうです。
一方、主人は1年間フィンペシアを使い続けましたが、費用は1万円程度で済みました。
とても安くて効果抜群のAGA治療薬を開発してくれたシプラ社には感謝しています。

※友人のまさこさんからの体験談を紹介しました。

髪の悩みに役立つ薬

外見の悩みでも男性の悩みで特に多いものに髪の悩みがあげられます。
女性も髪の悩みを持つ人が増えていますが、男性のようにはっきりと症状が出ることは少なく、全体にボリュームダウンするなどが多い症状です。
それに対し、男性の場合は頭頂部や生え際がはっきりと薄くなってしまうので、進行してくると髪形だけでカバーするのは難しくなってしまいます。
市販の育毛剤やシャンプーでもある程度は進行を抑えるのに役立ってくれますが、それだけですっかり改善させるのは難しいと言えるでしょう。
個人差はありますが、男性型脱毛症は年齢とともに少しずつ進行していき、中には薄毛が進行してしまう場合もあります。
こうした症状は20代や30代前半など若い世代でも起こってきますので、抜け毛の多さやボリュームダウンが気になったら、早めに対策しておきたいですね。
食事の改善、頭皮マッサージ、亜鉛などのサプリメントの摂取など髪の改善に役立つケアは様々ありますが、よりはっきりとした効果を出したい、悩みを本気で改善したいという場合は、やはりAGA治療ということとなります。
最近はこうした治療も多くの医療機関で行われており、皮膚科や美容外科、メンズクリニック、さらに育毛専門のクリニックなどで治療が行われますので、治療を検討しているという方は相談してみてはいかがでしょうか。
治療方法は薬を利用した治療、HARG療法、育毛メソセラピー、植毛手術などがあげられますが、初期脱毛によく選ばれているのが薬を利用した治療で、金額的にも続けやすくなっています。
そして代表的な薬が飲むタイプの育毛剤プロペシア、そして、頭皮に直接つけるミノキシジルでどちらもあわせて使われることも少なくありません。
すぐに効果が得られるのではありませんので、根気よく治療を続けていくこととなります。
一般的には効果が出るまでは数ヶ月は必要とされていますので、初期の頃にあまり効果が実感できない場合も焦って結果を出さず治療を続けていくことが大切です。
さらに効果が出てからも効果を維持するために治療を続けていきましょう。
薬の購入方法は医療機関で行われることが多くなっていますが、そのほかには個人輸入も注目されています。
プロペシアのジェネリックはまだ日本で販売されておらず、保険適用もされないので、治療費が負担になる場合もありますが、海外ではすでにプロペシアのジェネリックも販売され、低価格で提供されています。
フィンペシアも人気の薬で、プロペシアと同じ成分で作られており、同じ効果を期待できます。
有効成分はフィナステリドで、もともとは前立腺肥大症などの治療に使われていた薬です。
フィンペシアは少し前までは、着色料のキリンイエローの体への影響を気にして他の薬を選ぶ方もありましたが、最近はフィンペシアもキリンイエローフリーのタイプも登場しています。
成分が気になる方は購入前には商品の特徴をよく確認しておきましょう。
購入の場合は輸入代行業者を利用すると始めて個人輸入する方も簡単に購入手続きができます。

フィンペシア等の薬を個人輸入する時の注意

男性が薄毛に悩む原因は一つのことが原因だけではなく、色々な要因が合わさって薄毛になっていることが多いです。
しかし薄毛の一番の原因として挙げられるのは、ホルモンバランスの乱れから来ることが多いのです。
男性ホルモンの一つにテストステロンというホルモンがあります。
テストステロンは性欲や筋肉骨格の発達を促す掘るオンですが、ここに5αリダクターゼ酵素が結びつくと、テストステロンが強力なホルモンとなり、ジヒドリテストステロンとなるのです。

このジヒドロテストステロンは薄毛の原因を作る物質のひとつなのです。
ジヒドロテストステロンは毛乳頭の受容体と結合して、一気に毛周期を短縮させてしまうのです、そのため本来の毛周期よりも早く抜けてしまうので、毛が生えてくるよりも抜けるスピードの方が早くなり薄毛になってしまうのです。
薄毛になってしまう原因の一つに遺伝があります。
家族、特に父親や祖父などが薄毛の家計であれば、自分も薄毛になってしまう可能性があるので注意が必要です。

遺伝と言っても薄毛が遺伝するのではなくて薄毛になりやすい体質が遺伝するのです。
またストレスや食事、飲酒や睡眠不足などによっても薄毛を進行させてしまいます。
AGA治療は薄毛専門の病院で治療を行うことが可能です。

ただし自由診療によるので、治療にかかる費用は全額実費で基本的に保険は適用できないことが多いです。
国内での男性型薄毛治療にはプロペシアと言う薬が使われています。
プロペシアは7560円程度かかりますし、病院によっては、この金額よりももっと高額な値段を請求されることもあります。
プロペシアは経口治療薬として処方されますが、プロペシアと同等の薬にフィンペシアがあります。
フィンペシアはプロペシアと同じ成分の薬なのですが、日本での発売に認可されていない薬な為国内で病院で処方されることはありません。
しかし同じ成分で、同じ効果が期待できる治療薬のフィンペシアなのですから、安くで購入できたら治療にかかる費用が少しでも軽減出来ると思います。
幸いにもフィンペシアは個人輸入をすることが可能で、海外のメーカーや会社がフィンペシアの薬を扱っているところは非常に多いです。
この薬を個人輸入代行業者などから購入した場合2000円前後で購入することが可能です。

同じ効果のプロペシアよりも半額以下の値段で購入することが出来るのです。
そのため同じ成分の薬なら個人で輸入したほうが良いかもしれません。
しかし個人輸入代行業者などを利用する時には類似品など似たような商品があるので注意が必要です。
偽物の薬や粗悪品混入の危険性もないとも言い切れません。
そのため薬を購入するのであれば信頼できる輸入代行業者から定期的に安定した量を購入することで、粗悪品をつかむことなく、個人でも病院と同じだけの効果が期待できる薬を手に入れることが出来るので、治療も継続して続けることが出来ます。

フィンペシアで発毛に励んでいます

私は昔から童顔で実際の年齢より若く見られることが多く、それをひとつの自慢にしていました。
しかし、そんな私も近年は髪の毛がすっかり減ってしまい、顔は童顔なのに頭は老けているような、とてもアンバランスな見た目になってしまいました。
帽子を被っている時は若く見えるのですが、帽子を脱ぐと一気に老けて見えてしまうのです。
そんな見た目の変化に悩まされた私は、現在フィンペシアという医薬品を服用することによって少しずつ失われた髪の毛を取り戻しています。
この医薬品に出会えたのは、私にとってとてもラッキーなことでした。
薄毛の悩みがピークに達していた昨年、私は独自に薄毛のメカニズムなどを研究し、どうやら自分はAGAというタイプの薄毛らしいということを突き止めていました。
また、AGA治療薬であるプロペシアの存在も突き止めていたのですが、その治療薬の値段がとても高額であるのを知って、私はAGAの症状を改善することができずにいたのです。
そんなある日のこと、私が仕事である個人宅にお邪魔していると、その家に荷物が配達されました。
その荷物を受け取ったその家の奥さんが、主人の治療薬が届いたと独り言のように言われたので私は思わず、ご主人は何処かお悪いんですかと聞いてしまいました。
私の質問に奥様はちょっと笑ってから、体は悪くないんだけど髪の毛の方がちょっとね、なんて言います。
更に奥様は、到着した荷物の中身を見せてくれました。
奥様が段ボールから取り出した小さな白い箱にはピンクの文字でfinpeciaと欠かれています。
これが、私とフィンペシアとの出会いとなったのです。
その日、仕事を終えて帰宅した私は、昼間にお客様の家で見た白い箱に書かれた文字を思い出してインターネットで検索しました。
すると、フィンペシアが私が購入を躊躇していたプロペシアのジェネリック版であることがわかったのでした。
私はある個人輸入代行業者のホームページで、このジェネリックの存在を確認したのですが、そのホームページに記載された情報によるとプロペシアとこのジェネリックの性能はほぼ同じと見て間違いないようです。
それでいて、フィンペシアは100錠が一箱に納められて約4,800円で販売されており、プロペシアと比較してとてもリーズナブルに購入できるようでした。
プロペシアは28錠入り一箱で8千円ほどしますから、ジェネリックとの価格には大きな開きがあります。
私は早速、個人輸入代行業者を通じてジェネリック版AGA治療薬を購入することに決めました。
私の家に治療薬が届いたのは、現在から数えてちょうど6ヶ月前のことです。
その日以来、私はコツコツと治療薬を飲み続けています。
効果の程はというと、飲み続けて3ヶ月が経つころには脱け毛が減っているのを実感できましたし、さらについ先日には少しずつ髪が生えて来ているのを発見しました。
現在も私は、フィンペシアを追加注文して薄毛改善に励んでいます。
このジェネリックに出会えて本当に良かったです。

フィンペシアの効果や副作用について

男性型脱毛症で悩む人におすすめなのが、その高い治療費のことではないでしょうか。
一般に男性型脱毛症の治療は生死に関わる病気ではないため、自由診療とされています。
自由診療と言うと、美容整形や美容外科と同じ類の分類になり保険が適用されない治療法になります。
本人の希望があってのみの治療になりますので、絶対に治療をしないといけないものではないのです。
そのために、美容整形と同様に保険が適応されずに実費での治療になり、保険が適用されないので、治療にかかる医師の診察費用と薬代は実費での負担になります。
薄毛の治療にはミノキシジルとフィナステリドの併用の利用によって、より効果的な治療を行うことが出来ます。
頭皮に直接塗る薬と服用をする薬の両方を使うことによって、治療を行っていきます。

どちらか一つの治療よりも体の外側からと内側からの両方から治療をすることで相乗効果が生まれてくるのです。
そのミノキシジルの塗布治療と経口治療のフィナステリド両方を使うのですが、フィナステリドと同等の効果がある薬にフィンペシアがあります。

参考画像


画像掲載元・・・フィンペシアの通販や効果と副作用について

フィンペシアはフィナステリドと同等の成分を含む経口治療薬です。
男性型薄毛治療には長期間の治療になることが多く保険が利かない新薬のフィナステリドをずっと服用していると、金銭的につらくなることがあります。
そこで治療費を少しでも抑える方法としてフィンペシアの服用があるのです。

フィンペシアはフィナステリドと同じ効果があり、しかも薬の単価自体が安いので脱毛症などの治療など長期間にわたる治療には懐に優しい薬です。
薬の個人輸入は基本的にすべてのことが自己責任になります。
海外の薬に危機感を感じる人やすでに体調の違和感を感じている人はきちんと病院で処方をしてくれる薬のほうが安全かもしれません。
病院では、症状や経過を見ながら治療を行うことが出来るので、体調がすぐれない時などには、量を減らしたり調節したりすることが出来るからです。
しかし個人的に海外輸入を行って治療を続けるときは体調不良や、気分が悪くなったとき、また輸入にかかる関税や費用についてはすべて自己責任となることを頭に入れて置かなければいけません。
もう一つ注意をしなければいけないことがあります。
フィンペシアは日本では認可されていない薬です。

そのため医療機関での処方も難しくなっています。
認可されていないと言うのもあり、日本での購入が難しくなっています。
しかしフィナステリドが体に合うようでしたら、成分も同じジェネリック薬品なのですから、まず服用しても大丈夫だと思います。
抜け毛の治療に効果があり、継続して続けるためには金銭面も重要なポイントになります。

そのため出来るだけ良心的なところで、評判が良い海外輸入代行などで安く入手できれば、その後の治療も継続して行うことが出来るので信頼できる販売会社などを見つけるのが長く治療を続けて行く上では良いと思います。

素晴らしいAGA治療薬と出会えました

2年前、私は手痛い失恋を経験しました。
1年間交際した彼女の態度が急に冷たくなり、私はついに別れを告げられてしまったのです。
これだけなら普通の失恋なのですが、私がショックを受けたのは、彼女が私を嫌いになった理由を知ったときでした。
別れを告げられた私が彼女に別れる理由を聞いたところ、彼女は私が禿げてきたからだとキッパリ言ったのです。
自分自身のことですから、髪の毛が薄くなっていることぐらいは気が付いていました。
しかし、まさかそれを理由に面と向かって別れを告げられるとは思っていなかった私にとって、それはショックな出来事となったのでした。

そんなショックな体験をした私ですが、フィンペシアという医薬品の効果のおかげで、現在は薄毛を解消しています。
私が薄毛の改善について真剣に考え出したのは、先述の失恋を経験してからのことでした。
私は髪の毛を生やして彼女を見返してやりたいという気持ちで、薄毛の改善方法を探し始めました。

その結果、あるホームページで見つけたAGAセルフチェックというコンテンツを通じて、私は自分がAGAであることを知ることとなったのです。
AGAは、ジヒドロテストステロンという強力な男性ホルモンが原因となって引き起こされる脱毛症です。
ジヒドロテストステロンは、男性らしい身体づくりに欠かせない男性ホルモンでもあるのですが、特に2型5αリダクターゼ還元酵素が影響して出来上がったジヒドロテストステロンはとても強力で、髪の毛の成長に悪影響を与えてしまいます。
また、この男性ホルモンは全ての男性の頭皮にも存在しているのですが、特にその影響を受けやすい人だけが、薄毛の症状を発症してしまうのだと、AGAについて解説してあるウェブサイトには記載されていました。
これらの情報を総合して考えたところ、どうやら私の頭皮はジヒドロテストステロンの影響を受けやすく、そのせいで薄毛が進行してしまっているんだと、私は理解することができました。
さて、自分の薄毛の原因を知った私が、次にAGAの症状を改善できる方法を探したのは言うまでもないことですね。
私がAGAを治す方法をインターネットで調べたところ、フィンペシアという医薬品と出会うことができました。

この医薬品はプロペシアというAGA治療薬の後発医薬品であり、その効果は完全に新薬と同様であることを、私はインターネットで知ったのです。
また、プロペシアと全く同じ効果を持つこの医薬品は、とても安い価格で購入できるようでした。

私はこの治療薬を取り扱っている個人輸入代行業者をさがして、早速に注文してみました。
フィンペシアは、一日に一錠を一回服用することで効果を発揮します。
私が買ったフィンペシアは、100錠が一箱に入っているものだったので、一回購入すれば、しばらく薬を服用し続けることができました。
実際にこの薬の効果を実感したのは、2箱目を使い始めてしばらく経ったころです。
ある日、いつものように私が鏡で頭をチェックしていると、はげ上がった頭皮に新たに太い毛髪が生えて来ているのを発見できたのでした。
その後もせっせとフィンペシアを使い続け、私は見事に髪を取り戻せました。
私は今でも、素晴らしい医薬品に出会えてことに感謝しています。

※葛西さんからの体験談を紹介しています。